読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのいくじ

出産、育児、趣味、勉強や生活のいろいろ。


(1歳7か月)レオ・レオニ「A color of his own」で色のお勉強~と、読み返したい「スイミー」

最近、息子のお気に入り絵本に仲間入りしたレオ・レオニの 「A color of his own」。

 りえっこさん(id:riecoro)がAmazonほしい物リストから贈ってくださったものなのですが、私も息子もとってもお気に入り~!

可愛い!楽しい!飾りたい!色のお勉強もできる絵本をご紹介しますー。

 

「A color of his own」

f:id:hitsujinoikuji:20170412232046j:plain

超可愛い表紙!カメレオンが目を引くこの絵本は、「スイミー」の作者レオ・レオニさんが描かれています。

 

A Color of His Own

A Color of His Own

 

 

中にはいろいろな動物や果物、季節で色を変える葉っぱなどが出てきて、カメレオンが一緒に体の色を変えていきます。この可愛らしい絵で息子と一緒に色のお勉強ができたらいいな~と思っていました。

 

f:id:hitsujinoikuji:20170412232227j:plain

「読んでー!」と、テーブルに絵本をセットする息子。

 

薄めの絵本ですが本文ページだけでも28ページあり、1歳の息子にとってはなかなかのボリューム。

毎晩寝る前に本を読むのですが、家にある他の本だと短くて「もう1回!」や「もっと別の本も読みたい!」の繰り返しになりキリがないのです。この本を1ページ1ページ指差しながら読んでいると1冊で満足するようで、本を読み終わると電気を消してスッと眠ってくれます。(ずっとおんぶでないと寝てくれなかったのですが、先週から添い寝での寝かしつけにシフトしました!)

 

ページによっては英文が多めの部分もあるのですが、そこの読み方は今のところ定まっていません。息子が大人しく聞いていれば英文そのまま読むこともあるし、色や動物の名前だけ言ったり、息子自身が指差して何か言っていたり。いろいろです。楽しく読む!ことだけを考えています。

しかし読み方をパターン化させることで息子が内容を覚え、マネすることを楽しむ絵本も多いので、その辺は反応を見ながら探っていこうーと思ってます。

 

「A color of his own」あらすじ

この「A color of his own」は、絵が私の好みだったことが欲しかった1番の理由なのですが、物語もレオ・レオニさんらしい、大人も楽しめるものでしたよ。

 

タイトル「A color of his own」。日本語訳ver.では「じぶんだけのいろ」と訳されています。自分だけの色がほしい、カメレオンのお話です・・。

 

オウムは緑、金魚は赤、ゾウはグレー、豚はピンク。

動物にはみんな自分の色があるけど、カメレオンはありません。

「もし葉っぱの上にずっといれば、永遠に緑でいられるかも!これで自分の色が持てる!」と、思ったのに、葉っぱは季節ごとに色を変えていきました。

ある日カメレオンは別のカメレオンに出会い、話しました。

「僕達は自分の色を持っていないよね?」

年上で賢いカメレオンは言いました。

「残念ながらそうだね。でも、僕達一緒にいてみない?そうすれば君と僕はいつも同じ色だよ!」

そして彼らは共に暮らし、共に緑色になり、紫になり、黄色に、水玉模様の赤にもなりました。

そんでもって末永く幸せに暮らしましたとさ!

 

「A color of his own」 作:Leo Lionni 

 

かなりざっくり訳のざっくりあらすじですが、大体こんな感じです。

 

自分自身のことで悩んでいたカメレオンが、考え方?ものの見方?感じ方?なんと表現したら良いか分かりませんが、そう視点を変えることでずっと満たされなかった気持ちを満たし、幸せになることができたよ。一緒に歩んでくれるパートナーがいることで、今までの景色も違って見えたよ。ってことなのかなーと。

 

同じレオ・レオニさんの「スイミー」も、発想の転換で問題を解決するといったお話ですよね。(確か・・ね??)スイミーもまた読みたいな。

 

Swimmy

Swimmy

 

 

兄弟みんな食べられちゃった黒い小魚スイミー。泳ぎが速かったので自分だけ生き残った。ある日小さな赤い魚たちに「一緒に遊ぼうよ」って言ったけど、赤い魚は大きな魚がこわくて岩陰から出られない。「それなら僕が目になろう!」と、みんなで大きな魚のフリをして海を泳ぎ、大きな魚を追い出した!

 

レオ・レオニさんの絵本はこの2冊しか知りませんが、「発想の転換からの問題解決」と「パートナーと力を合わせること」が、彼が絵本を通して使えたかったことなのかなと勝手に思いました。

 

レオ・レオニさんの絵本、もっと読みたくなってきましたね!

 

Cornelius (Dragonfly Books)

Cornelius (Dragonfly Books)

 

 

 

ちょっと色を覚え始めた・・?

f:id:hitsujinoikuji:20170412232237j:plain

そんなこんなでストーリーは全く理解していないと思われる息子ですが、徐々に色の名前を覚えてきているかもしれません。

私が「赤」と言うと「あか!」と言うし、「青」と言うと「あお!」と言います。

・・・あっコレ、真似してるだけかー!

でも「green」はときどき自発的に言うので覚えているような気がします。

「yellow」は「いえい!いえい!」です。

「purple」の発音がめちゃくちゃ良いので褒めまくってたら、その後「purple」しか言わなくなった日もありました・・笑

 

とりあえずとーーっても楽しんで読んでます!りえっこさん、ありがとうございました!

 

▼りえっこさんのブログはこちらから

www.kaiunsimplelife.com

 

▼おすすめ記事

 

blog.hitsujime.com

blog.hitsujime.com