ひつじのいくじ

出産、育児、ハンドメイドや生活のいろいろ。

春の「泉ボタニカルガーデン」に行ってきました【仙台おでかけ】

f:id:hitsujinoikuji:20180424011617j:plain

4月21日晴れの日、2才の息子と宮城県仙台市の「泉ボタニカルガーデン」へ行ってきました。

仙台市郊外の七北田ダム湖畔に位置する、季節のお花がもりもりの植物園。入場料は大人500円、未就学児無料!(小学生100円)

ゴールデンウィークのおでかけにいかがでしょうか!と思ってレポートしてみます。

 

泉ボタニカルガーデン

宮城県仙台市泉区の七北田ダムすぐの場所にあります。園内の高い場所や岬からはダムが見下ろせます。

木と、花と、土と、水と・・自然をたっぷり全身で感じることができます!

 

f:id:hitsujinoikuji:20180424011515j:plain

駐車場で車を降りてすぐ、ふわっと花の香りを感じて気分が高まるっ・・!

 

車の下のアスファルトからは、スミレちゃんがこんにちは。 

f:id:hitsujinoikuji:20180424011647j:plain

 

ゲート前では枝垂れ桜がお出迎えしてくれました。

f:id:hitsujinoikuji:20180424011703j:plain

うーん、農家のおばちゃんスタイル。

去年の春夏用の帽子がことごとくサイズアウトしていて、最近作ったボンネットを被せたけど・・合わせる服を考えなきゃいけなかったね。去年作ったインド綿のスモックは、たくさん着てたくさん洗濯してくったりしてきた。生地が馴染んでいい感じになってきたところで、そろそろこちらもサイズアウトしそう。

 

ソメイヨシノは既に葉桜。

f:id:hitsujinoikuji:20180424011732j:plain

散り行く花の儚さと、新緑の力強さを感じるこの時期の桜がとても好きです。

 

写真に撮っていないけれど、ゲート付近では花の苗の販売もありました。 

私と息子の2人で来たので、チケット売り場で500円の入場料を払いました。

 

山野草が咲く正面ゲート付近

チケット売り場を進むとすぐ右手に、クリスマスローズが群生していました。

f:id:hitsujinoikuji:20180424011756j:plain

もし庭を持つことがあれば、絶対に植えたいお花のひとつ。

 

この日は気温30℃近くまで上がり、太陽が眩しかった。

チューリップが見ごろを迎え、鮮やかに咲いていました。

f:id:hitsujinoikuji:20180424011822j:plain f:id:hitsujinoikuji:20180424011834j:plain

まぶしーい!まぶしくて色飛んでるー!

 

園内は整った植物園というよりも、地形を生かした自然に近い状態で植物が茂っています。

f:id:hitsujinoikuji:20180424011942j:plain

花より石ころ、な息子。

山野草などに関して言えば、自然に近いというかむしろ自然そのもの・・自生していたんだろうなーっていう草花もたくさんありました。
 

f:id:hitsujinoikuji:20180424012018j:plain

 

f:id:hitsujinoikuji:20180424012818j:plain f:id:hitsujinoikuji:20180424012828j:plain

 

シャクナゲの坂道

f:id:hitsujinoikuji:20180424011602j:plain

お茶をこぼしてお着替えしました。

THE・ボタニカル!園内はどこを眺めても緑もりっもりです。

 

もりもりの坂道ではシャクナゲやツツジが咲き始めていました。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012055j:plain

もう十分にたくさんの花をつけていたけど、つぼみも多かったので来週にはもっと鮮やかになっていそう。

 

園内はいくつもの道があり、メインルートから外れると急勾配な坂道も多くなります。(メインルートも坂道いっぱいあります)

f:id:hitsujinoikuji:20180424012109j:plain

ベビーカーで赤ちゃんを連れていている方がいらっしゃいましたが、とってもとっても大変そうでした。抱っこ紐も足元が見えなくなり不安を感じると思うので、歩けないお子さまがいる場合は不向きの場所かもしれません。

正面ゲートから少し歩くと、ひらけた場所に芝生の広場があり、車椅子の方などは芝生広場すぐの場所から入場できるとのことなので、事前に問い合わせてみると良いと思います。

 

芝生の広場

坂を下ると広場が見えてきました。
f:id:hitsujinoikuji:20180424012159j:plain

広場にはカフェや休憩所、池、子供の遊び場があります。

 

f:id:hitsujinoikuji:20180424012725j:plain

かっわいい~~!パステルな色合いのお花たち。

 

ソフトクリームとドリンクを購入し休憩。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012341j:plain

息子はりんごジュース。私はアイスコーヒー。

美味しそうなケーキやおしゃれドリンクもあったよ。(←よく覚えていない)

 

広場にはテラス席など十分に用意されており、自由に休憩することができます。(一部、カフェ利用者のみの席あり。)

f:id:hitsujinoikuji:20180424012407j:plain

それぞれのテーブルにその日摘んだと思われる花々が飾ってあり、植物園らしく癒されました。

 

キッズコーナー

広場の一角にはキッズコーナーがあります。

 

シャボン玉コーナー。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012447j:plain

 

ボールのお家。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012503j:plain

 

おもちゃのクルマ。5、6台ありました。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012528j:plain

後ろに写っている個室もカフェ利用者が使用できます。

キッズコーナーにあるのはシャボン玉、小さな家、クルマだけですが、息子はどれもとても気に入り、1時間以上はたっぷり遊んでも離れたがらず・・。

用意されているクルマは5、6台くらいだったと思いますが、ご年配の方が多く子連れ客が少なかったこともあり、ほぼ貸切状態でした。

 

f:id:hitsujinoikuji:20180424012605j:plain

↑このクルマは「じーぷ!じーぷ!」と言って特にお気に入りでした。多分、タイヤの辺りがJeepラングラーだと言いたいのだと思う。

 

f:id:hitsujinoikuji:20180424012619j:plain

背中から満足感が伝わってくる・・・。

 

シーズン中、広場のテラスでは不定期的にワークショップ開催されているそうです。

この日は500円でハーブのドライフラワーのモビールが作れるワークショップがあり、参加させていただきました。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012648j:plain

作っているときからハーブの香りが漂ってきて、日陰でそよそよと風を受けながら・・なんて気持ちが良いんだ!

 

ワークショップ後は広場でまだ遊びたいと言う息子と再び散策し、池のオタマジャクシを連れて帰りたいと泣き始めた息子を小脇に抱えて退場しました。雑貨販売コーナーも見たかったけど息子暴走につき断念。良い場所でした。

本当はもっと見てまわりたいエリアもあったけど、それはまた次回かな。

 

遅めのランチ。カフェ・アンソレイユ

ボタニカルガーデンを出たあとは、遅めのランチを食べに。

泉ボタニカルガーデンから車で15分ほどの住宅街、泉ビレジの中にあるカフェ「アンソレイユ」に行きました。

 

店内は満席で、テラス席に通してもらいました。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012905j:plain

いい眺めでしたよ!

暑い日だったけど、お店の裏側のテラスは日陰になっており、風も心地よく暑さは全く気になりませんでした。テラス席は2つでしたが私達だけしかいなく、2歳児連れにはむしろありがたかったです。

 

クロックムッシュを注文。

f:id:hitsujinoikuji:20180424012919j:plain

クロックムッシュ。ドリンク付き、1500円。

野菜たっぷり!生野菜の他、焼いた野菜、揚げた野菜、茹でた野菜、ピクルスのようなもの・・盛りだくさんだったよ。どれも美味しくてボリュームもたっぷり。息子とシェアして食べたけどお腹いっぱい。

セットのドリンクは再びアイスコーヒーを注文。帰りの運転に備えてのカフェイン摂取です。

 

ここのデコレーションケーキにずっと憧れていて、いつかオーダーしたいのです。とっても可愛いので気になる人は探してみてください。次はパフェも食べたい~!

 

同じコースでまた訪れたい

泉ボタニカルガーデンは、愛読雑誌「私のカントリー」そのものな雰囲気で、ここに住みたい~~って思ってた。

息子との週末植物園デート。泉ボタニカルガーデンはバラも見事だそうなので、また近いうちに同じコースで訪れたいです。次はパパも一緒に~!