ひつじのいくじ

出産、育児、趣味、勉強や生活のいろいろ。

子供乗せ自転車を買った!自転車選びで意識したことと使用感レビュー

子供乗せ自転車を買いましたー!

購入に当たって、割と真面目にリサーチしてみました。自転車選びで意識したことと、購入して息子と一緒に2週間使用してみた感想などなど。

 

自転車選びで意識したこと

 今年1月まで車2台で運用していた我が家ですが、車を1台にしたのを機に自転車を購入するぞーということになりました。

息子と一緒に移動するのが目的なので、子供乗せ自転車を。

 

自転車を使う目的・使用頻度・欲しい機能など

  • 目的:普段の買い物、子育て支援センターや公園との往復(2キロ圏内)
  • 使用頻度:ほぼ毎日(雨天時は乗らない)

  • ほぼ平坦な道での使用

  • 子供(1才6か月)と一緒に乗る

  • 子供を乗せても安定して走れる。
  • 子供乗せるのが楽。
  • 子供も乗ってて楽。

 

こんな感じかなーということで、自転車選びを始めました。

 

で、選んだ自転車がこちらです。

 

エビス自転車株式会社「フィデース」

 

電動アシストの有無

子供乗せ自転車を買うことにした当初、電動アシスト付き自転車を購入するつもりでいました。しかし、移動距離が自宅から2キロ圏内の支援センターや公園・スーパー等との往復で済むこと、ほぼ平坦な道であることから、電動アシスト要らないな・・となってきました。

充電する必要があることと、充電が切れるととっても重くなることも考え・・。

 

しかし子供を乗せていると漕ぎ出しが大変だったり、漕いでいる間も重く不安定になるので、電動アシストがあると便利そうですね。坂道が多い場合はもっと欲しくなりそうです。移動距離や走る道を考えて選ぶのが良さそうです。

 

結局、値段で決めました。

子供乗せ自転車の相場は、電動アシスト有りで10万強、電動アシスト無しで5万弱と、倍以上変わってくる。しかも5万円以上。となれば、うーん、要らないな!という結論に達しました。

 

何インチの自転車にするか

 何インチの・・というか、子供乗せ自転車には「ミニベロタイプ」と呼ばれるタイヤの小さいタイプ(20インチくらいが多い)の自転車が各ブランドからよく展開されています。(今回私が購入した「フィデース」はこのタイプ)

そのミニベロタイプの自転車にするか、普通のシティサイクルタイプの自転車にするか、といったところで 悩みました。

 

ミニベロタイプはちょっとお洒落な感じで可愛い。

私が電動アシスト付き自転車の購入を考えていたときの候補、ブリジストンの「bikke」シリーズもこのタイプ。

 

でもさ、こんなにタイヤが小さいと走りにくそう・・っていうか、脚の回転めっちゃ早そう。

しかしこのミニベロタイプ、私が求めていた「子供を乗せても安定して走れる」「子供の乗せ降ろしが楽」という条件にピッタリなのでした。

 

まず、タイヤが小さく重心が低くなるので、子供を乗せて走っても普通の自転車より安定するそう。実際に乗っていてそう感じます。

更にタイヤが小さい=子供の座席も低くなる=乗せ降ろしが格段に楽!

なるほど~!だから子供乗せ自転車にミニベロタイプが多かったのですね。納得。

というわけで、このミニベロタイプを選ぶことにしました。

 

変速機の有無

変速機はあっても無くても良いかな~と思っていたのですが、あった方が良かったです。

子供を乗せていると漕ぎ出しが重くなるので、最初は軽いギアでスタート・・とかできます。

 

私は「ほぼ平坦な道での使用」ですが、「完全に平坦な道」は無いです。普段、車や徒歩で移動しているときには気が付きませんでしたが、私がいつも通っている道も、行きは緩やかな上り坂、帰りは緩やかな下り坂になっていました。

上り坂になっている行きは軽めのギア、下り坂になっている帰りは重めのギアでより快適自転車ライフ~です。

 

両立スタンドが良い

自転車と停めているときのスタンドは、子供の乗せ降ろしの際の安定感を考え、がっしりとした両立スタンドが良いなーと思っていました。

実際に使用してみて、しっかり止めれるタイプのスタンドにして良かったなーと思いました。とても安定しており、子供の乗せ降ろしの際の不安点は今のところ見当たりません。

 

チャイルドシートについて

 前乗せor後ろ乗せ

これは単純に、子供の年齢と体重、使用期間で考えました。購入時、息子は1歳6か月。

前乗せタイプは、しっかりと腰が座った約10か月くらい~2、3歳が対象。

後ろ乗せタイプは1歳過ぎ~4、5歳くらいまでが対象。(もちろんメーカーによって少し違ってくるので要確認ですよ。)

息子は既に1歳半だし、後ろ乗せの方が運転中も安定するので後ろ乗せタイプに。

 

チャイルドシートのタイプ

後ろ乗せのチャイルドシートも、腰までの通常のチャイルドシートと、背中からヘッドレストまで付いたハイタイプのチャイルドシートがあります。

 

▼通常タイプのチャイルドシート

 

▼ハイタイプのチャイルドシート

「子供も乗っていて楽」というのも自転車選びのポイントにしていたので、子供がガッツリともたれてもOKなハイタイプを選びました。

更にヘッドレストには衝撃吸収剤が使われており、走行中にもし転んでしまった場合も頭を守ってくれる。(かもしれない。ヘルメット推奨!)

 

その他「フィデース」を乗ってみての感想

 以上のことを踏まえてイロイロと検討した結果、私はエビス自転車株式会社の「フィデース」を選んだのですが、自転車選びの時点では特に意識していなかったけど「フィデース」に付属してきた機能についても注目してみます。

f:id:hitsujinoikuji:20170401145036j:plain

 

LEDオートライト

乗ってから気づいた、オートライト。まずLEDなので明るい。そして暗くなると勝手に点く。

夕方以降は自転車に乗ることがほぼないと思うので、あまりライトのことを考えていなかったのですが、ちょっとしたトンネルに入ったときにもパッと点いてくれるので優しいな~と思った。

走行中に暗くなってきた場合などは、子供を乗せながらライトを点けるのは難しい(というか危険)なので、意外と嬉しい機能だったかも。

 

くるピタロック

ハンドルを簡単にロックすることができます。子供の乗せ降ろし時に安全便利。

しかし付属してきた両足スタンドがとてもしっかりしているので、これがなくても安定しています。でもあった方がやはり安心です。良かったです。

 

藤風かご 

バスケット風になっています。かごデザインはそんなに気にしていなかったのですが、言われて見ればかわいいような気もしてくる・・かも・・。

大容量は単純に嬉しいです。自分の荷物とスーパーで買い物した荷物が入ることは、購入時点では考えていませんでしたが必須事項でした。

 

その他子供乗せ自転車アクセサリー類について

その他、自転車とは別に買い足したものと、購入を検討しているもの。

ヘルメット

 

bikkeのヘルメットを買いました。いろいろ見たけどこれが1番好み可愛い。

息子は意外とすんなり被ってくれました。被った姿を鏡で見せてあげると得意げです。

子供のヘルメット着用は「努力義務」です。チャイルドシートに固定されている状態で万が一転倒すると、まず頭を打ち付けることになる可能性が高いです。こわいです。ぜひ着用させてあげてください。

 

レインカバー

雨天時の使用の際、子供が濡れないようにチャイルドシートごと保護できるカバー。

 

 保育園の送り迎え等に使用するなら必要そうだけど、私は雨の日は無理して乗る必要がないので要らないなという結論に。

でももし、「行きは降ってなかったけど帰り雨だった・・」なんてときのために、自分と息子用のレインコートを持ち歩くようにしようと思いました。

 

防犯登録

 Amazonで購入したので近くのホームセンターで防犯登録しました。ちゃちゃっとできるのでちゃちゃっとしてしまいましょう。

 

自転車保険

万が一ケガをしたとき・させてしまったときのことは考えておくべきです。示談交渉サービス付きの方が良いですね。

うちは楽天の自転車保険にしました。

自転車プラン<節約コース(本人型)>【超かんたん保険】【自転車】【保険】【自転車保険】

 

マンションの火災保険に入っている方は個人賠償責任もフォローされていることも多いので、無駄に保険に入らないよう要チェックです。

しかし入っていた場合でも、示談交渉サービスが付いてきているかどうかも確認しましょう。万が一のときに相手方と自分で交渉するのは・・自分が加害者でも被害者でも、私ならストレスだ・・。

 

自転車ライフ2週間経過して

自転車を購入してから2週間乗ってみての感想は、ズバリ快適です。

買い物や用事でアチコチ回るようなときは、乗ったり降りたり駐車したり、子供の乗せ降ろしも車より楽です。天気の心配さえなければバッチリ!

息子も気に入ってくれているのでお出掛けが楽しくなりました。

安全にだけは気をつけて、自転車ライフ楽しみます。

自分の自転車選びアレコレを全部書いたら、思ったよりもずっと長くなってしまった・・

 

▼おすすめ記事

blog.hitsujime.com

blog.hitsujime.com