読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのいくじ

出産、育児、趣味、勉強や生活のいろいろ。


ライティング力を高めるために「新しい文章力の教室」を読んで

ブログ

 昨年、自分のライティング力を高めたいと思い、各所で話題になっていた「新しい文章力の教室」という本を手に取りました。

 

年始に読了していたので、その内容や感想などをまとめておこうと思います。

 

「新しい文章力の教室」の特徴

 

この本は、毎月3000本以上の記事を配信するニュースサイト「ナタリー」で使われる文章術を解説したもの。

さくさくと読める文章、1項目がすっきりと1、2ページ(以上のものもあるが、大体は)にまとまっており、短い時間でキリよく読める構成が嬉しい。気になった項目から読んでいくこともできます。

ちょっとの時間で読んで、読んだ項目から実践できるので、「よっしゃー、全部読んで文章力上げたるで~」なんて意気込んだ結果、読みきれずに挫折・・なんてこともなく。1項目読むごとに確実に知識がひとつ増え、読むごとに成長していける本だな~と感じました。

 

「良い文章とは、完読される文章」と、いうことで、「完読される文章」を書けるようになるために基本の基本の基本からトレーニングします。

また、サブタイトルには「苦手を得意に変える」とあり、その名の通り文章を書くのが苦手だという方にも、文章の書き方、つくり方から教えてくれます。

そのため、第1章、第2章、もしかしたら第3章あたりまでは文章を書くのが得意な人、得意とまでは思わないけれどブログ等で毎日文章を書いている人には物足りなく感じるかもしれません。

しかし、これを守れていないと逆に「めちゃくちゃ読みにくい文章」であり、もしかしたら「読んでいる人をイライラさせる文章」になっているかもと感じました。

後半はもっとディティールに迫った、文章を磨いていくような内容になっていて大変勉強になりました。

 

「新しい文章力の教室」は、そんな「書くこと」のキホンを教えてくれる本です。

 例えば、

  • 小論文やレポート等、あらゆる作文が必要な学生
  • メールや社内文書作成等、仕事上であらゆる作文が必要なビジネスマン
  • 文章を書くのが苦手な人、人から文章がおかしいと言われる人
  • 正しく、読みやすい文章が書きたい人

にぴったりの本です。

 

残念ながら、

  • ブログなどで強烈なキャラクターを作りたい人
  • 商品を売るための文章術を身につけたい人
  • 「バズる」文章を書きたい人
  • その他、何か人の心を動かす文章術を求める人

 のための本ではありません。

 

でも、このような文章を書くためにも、まずは「完読される文章」であることが大前提のハズ。

文章を利用した「何か」をしたいと思っている人は、一度読んでみて損はしないのではないでしょうか。

 

「新しい文章力の教室」を読んで思ったこと

 

第1章は、文章の作り方からはじまります。

コレを読んで真っ先に思い出したのが、(id:smartstyle)さんのこちらの記事でした。

 

www.smartstyle-blog.net

 

ナタリー式では、文章を突然書き始めることはしません。

書く前に材料(ネタ、それに関する情報)を集め、構造シートに沿って文章の骨組みを考えます。それからシートに沿って文章を書いていくわけですが、この工程も慣れれば頭の中で自然とできるようになる。といったもの。

あらかじめ骨組みを準備しておくことによって、記事作成の時間が大幅に削減されるだけでなく、正確で明快な文章が書けるようになります。

 

確かにsmartstyleさんのブログはいつも、伝えたいことがきちんと伝わる、きれいでハッキリとした内容が更新されています。ワンオペで仕事・子育てしながら1日に複数記事更新していた時期もあり、その秘密は完成された文章術ゆえのことだったのでしょうか。

 

「新しい文章力の教室」を読んで反省したこと

この本を読み、自分の文章で反省すべき点がいくつも見つかりましたが、その中でも特に自分がついついやってしまうことをまとめておきます。

 

・話の脱線、多すぎる情報

ブログを書いていると、ついつい話が脱線してしまったり、あれもこれもと情報を詰め込んだりしてしまいがちなのですが、それは読者が求めている情報なのか?ということ。

特に自分は話の脱線が多く、いつもこのブログを読んでくださる方なら、そんな部分もあたたかく見てくれると思います。しかし例えば、検索にてある情報を求めて訪問してくれた人からすれば、「このくだり、いらないな~」と、読み飛ばしてもらえるだけなら良いのですが、ウンザリして記事を最後まで読んでもらえない可能性もあります。

これはブログの方針にもよりますが、「××の情報だと思って開いたのに違った~」と、読者の期待を裏切らないためにも、ほどほどにしていこうと思いました。

 

・言い切らない誠実さ、切り捨てるキャッチーさ

これこれ、難しいですよね~。

「誠実さ」を求めて「キャッチーさ」を失ってしまう人。

「キャッチーさ」を求めて「誠実さ」を失ってしまう人。

あるあるではないでしょうか・・。ちなみに私は前者です。

 

この辺は、本でももう少し深いところまで触れてあり、私としてはすごーくためになった部分だったので、自分の文章にそんな節があるな~と感じる方にはぜひぜひ読んで欲しいです!

 

・語句のレベルを合わせる

自分では気をつけているつもりですが、知らず知らずのうちにやっていそうで怖い。

私がライターとしてお仕事をいただいているクライアントさんに、最近は他のライターさんの記事の添削も依頼されているのですが、他の方の文章を見てもこのミスをしている人は多いです。

 

どういうことかというと、

「好きな音楽は、ジャズR&Bビートルズです。」

→ジャズ(音楽ジャンル)、R&B(音楽ジャンル)、ビートルズ(グループ名)

「白いドレスに、ティアラアクセサリーでコーディネートしました。」

→ティアラもアクセサリーの1つ。

 

と、いうことです・・・。どうでしょう??

 

他にも、並列の「たり」は省略しないとか、常識だけどうっかりしそうな点も漏れなくカバーしてあり、読んで良かった~!と思えました。

 

お仕事で記事を書く際は、私も構造シートもどきを使ったりしていましたが、これからはブログでもちょくちょく(毎回とは言わない・・)取り入れていこう!と思ったのでありました。

 

 

▼おすすめ記事

 

blog.hitsujime.com

blog.hitsujime.com

blog.hitsujime.com