ひつじのいくじ

出産、育児、趣味、勉強や生活のいろいろ。

(1才8か月)トイトレはじめました!おまるにしました!開始1週間の記録

おまる買いました。トイトレはじめました。息子1才8か月、トイレトレーニング開始です。

ちょっと早めにトイトレを開始した理由と、選んだおまるのこと、トイトレ開始半月の様子、今後の計画など。

 

トイトレ開始は息子の意欲を尊重した(根負けした)

ちょっと早めのトイトレ理由はこれに尽きます。

 

息子トイトレ開始までの道のりをまとめると、

・0才~ おむつ交換の度に「ちっちしたね~」「うんちしたね~」と話しかける。

・1才の誕生日にばあばが「ノンタンおしっこしーしー」を買ってきた。→他の絵本と同じように読み聞かせ。

・1才2か月 大人の真似をしてトイレに紙を流して「ないなーい」と言って流すようになる。(流すのは私)

・1才3か月 おしっこやうんちをするとおむつを押えて「ちっち!」と教えてくれるようになる。その後、大のほうは「うんちょ」に進化。

 

-----↑ここまでは私もトイトレを意識したことがなかったけど、息子が言葉で教えてくれるようになって「これは・・!」と思い始める-----

 

・1歳4か月~ 引き続きおむつ交換のときは声掛け。(今までも意識していたというよりは自然に言っていた感じなのでそのまま続ける)

・1歳5か月 お風呂上りにおむつ履く前に床におしっこしてしまい、それを自分で指差しながら「あーあぁ、ちっちー。」と言ってるので、ちゃんと分かってるんだなあ、暖かくなってきたらトイトレはじめようかなあ?とか思いながら床の後始末。

・1歳6か月 「ノンタンおしっこしーしー」のうさぎさんのページを指差しながら、「あーあぁ。あーあぁ。」と言っている。

f:id:hitsujinoikuji:20170624072709j:plain

 息子よ、母ちゃんはあなたの言いたいことが分かるよ!みんなはちゃんとオムツやオマルやトイレでしてるのに、うさぎさんはコップ(のようなモノ)だもんね!なんかダメだよね!(息子は何かこぼしたときや、うまくいかなかったとき、いけないこと・イタズラしたとき、残念だったときに「あーあぁ」と言います。)

なので、おしっこはトイレでするものって分かってるだなあ、暖かくなってきたらトイトレはじめようかなあ?と思う(2回目)

 ・1歳7か月 でも同じくらいの子はみんな来年の夏にトイトレするって言ってるしなー。と思いながらもトイトレやおまるについて検索を始める。が、来年でいいかなーと重い腰を上げられずにいる母、私。

・1歳8か月 ベビーブックの裏表紙の広告を見て、「アンパン!アンパン!」と言っているので、「これはアンパンマンのおまるだよ。おまるって知ってる?」と聞いたら得意気に自分のおむつをポンポンッと叩いたので可愛すぎて勢いでその晩におまるポチッた。

f:id:hitsujinoikuji:20170624072745j:plain

 

もう散々悩んで「来年でいいかな」「もうちょっと大きくなってからでいいかな」とか思いはじめていたのですが、息子のトイレに対する理解と興味、おむつが汚れたら教えてくれることは、息子のトイトレ準備は整っていると判断して良いと感じました。いえ、本当はそれも分かっていたのですがめんどくさかった。

 

でも息子がトイレに興味がある今、「おまる買ってあげたらめっちゃ喜びそう」という親バカ心が私の重い腰を動かしたっ!

 

そんなテキトーなトイトレ開始でした。

息子の周りにはまだいないけど、始めてる子は始めてるしね。

もし始めてみて興味がなさそうなら辞めたっていいんだから。・・・ポチッ(Amazonでポチる音)

 

補助便座ではなくおまるにした

おまるは後処理が面倒だし、置く場所も必要なので「いつかトイトレしなきゃな」と思っていた頃は自分の負担の少なさから断然補助便座派でした。

でも、いざ「トイトレはじめるぞ!」となると、実際にトイトレをする息子自身のことも考えることになりました。

 

  • 若干臆病な性格なので、高い場所で用を足すトイレは怖がる可能性がある
  • 若干臆病な性格なので、便器の大きな穴を怖がる可能性がある
  • 若干臆病な性格なので、見慣れないものは怖がることがある
  • おまるは絵本やベビーブックを読んでいる限り、見ると嬉しそうにしているし見慣れているので怖がらない気がする
  • 比較的早い時期のトイトレであるので、もしおまるからトイレへの移行に時間が掛かっても気にならない

 

という、ほぼ怖がりの息子のことを考えた理由から補助便座ではなくおまるにしました。

 

おまるにも補助便座にもできる、コンビのこれにしました。

息子が興味を持っていたアンパンマンのおまるは、旦那さんの「お願いだからアンパンマンはもう・・・もうやめてくれ」という心の声が聞こえて却下に。

 

1才8か月で8.7kgの小柄な息子も、はじめてのときから抵抗なく座れましたよー。

 いつか補助便座としても使ってみてから、詳しくレビューしたいと思います。

 

 

トイトレ開始半月の記録

そんなこんなでトイトレ開始したのは、息子が1才8か月になって間もない5月19日。

それから約半月のトイトレ記録を記します。

 

5月19日 おまるが届く。トイトレ1日目

午前中、Amazonで注文したおまるが届いた。段ボールを開けておまるを見て楽しそうにする息子。

「これなんだか分かる?」と聞くと、自分のおむつの辺りをポンポンと叩く。それだけでああ、おまる買って良かったと思う。達成感。(まだ何もしていない

そしてベビーブックを持ってきて、広告のおまるを見せてくる!「そうだね、これと同じだね~。これは息子くん専用のトイレだよ。座ってみようか?」と言うと、「うん!」というので早速ズボンとオムツを脱いでトライ!

何の抵抗もなく嬉しそうにおまるに座る。「ここでちっちするんだよー」「うーん、うーんってうんちょするんだよー」と言ってみる。3、4分座りながら一緒にお話しをしていると、突如「ないない!」と言って立ち上がり、自分でおまるの蓋を閉めたので初おまるチャレンジはこれにて終了。

この日はその後も何度か自分から「ちっち!」「うんちょ!」と言っておまるを要求し、その度にチャレンジしてみる。成功はしないものの、自分から言ってくれる・おまるを嫌がらないってだけでもう十分。好調の滑り出しと感じました。

5月20日 トイトレ2日目

昨日に引き続き、家にいると自分から何度かおまるの要求。報告のタイミングはトイレをしたいとき・おむつにした後・おまるの存在を思い出したときと、バラバラのよう。

この日は自分から7回のおまるチャレンジ。もちろん座るだけ。十分な回数やってるかなーと思うので、私からは1度も誘いませんでした。

おまるの蓋を開けて、座って、終わったら蓋を閉める。という手順を覚えたらしく、自分でやる。

5月21日 トイトレ3日目。かわいいオナラ・・

同じく息子からの要求で6回のおまるチャレンジ。+おふろ上がりにおしっこをするというクセ?習慣?があるようなので、おふろ上がりは服を着る前に裸のままおまるチャレンジすることに。これは私から誘いました。

「しーってちっちするんだよー」「うーんうーんってうんちょするんだよー」と前日までと同じように話しかけていると、息子が「うーーん」と力を入れている。すると・・・

・・・・ぷすっ

小さなオナラをしました。本人、満足げにおまるから降り、「ないなーい」と言って蓋を閉める。

・・・力の入れ方が分かってるってことですかね!オーケーオーケー。

5月22日~26日 トイトレ4~8日目。ちっち1滴

自分からのおまるチャレンジ1日6~8回。私からの声掛け0~1回。

私からの声掛けはお風呂上り時のみですが、断られることもあります。断られたら、伝わっているかは分からないけど「したくなったら教えてね~」と言ってました。

そしてトイトレ8日目。いつものように息子から「ちっち!」と言うのでおまるを準備したら、ポタッと1滴おしっこが出た!

「出たね~!」と喜んでみたものの、当の本人は気づいていない?反応薄めでフツーに「ないなーい」と言っておまるを仕舞う。

 

トイトレ開始1週間の感想

コツコツ練習?というよりは座って遊んでいるような感覚でした。

「おまるに慣れる」「トイトレを習慣化する」という目標は概ね達成されたのではないでしょうか。

小心者の息子っちの懸念であった、「怖がる」といったこともなく、スムーズに始められたなーと思います。

トレーニング用オムツ

トイトレするに当たって、トレーニング用のおむつを準備した方が良いのかな?と思ったのですが、トレーニング用おむつってほとんどがLサイズ~なんですね。息子は未だにMサイズ、体重も9キロに満たないので今のところは普通のおむつを使うことにしました。

もう少しトレーニングが進んで、息子も大きくなってきたら取り入れようと思います。

 

次回!トイトレ開始2週間目の記録。息子っち、おまるでちっち、成功しまーす!(昨日の夜成功しました!パチパチ~)

つづく。

 

▼おすすめ記事

blog.hitsujime.com

blog.hitsujime.com